「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:LUNA SEA( 5 )

 

迷ったときは

SUGI様
久々にHPに行ってみたら、トンでもない事になっていた!!

オフィシャルHP
Sephirot
ENTERすると,,,,,






ブワァ〜っと宇宙が広がり

天 使 の 杉 様

背筋がゾクッっとした。衝撃的だった。



あえて画像は貼らない。
是非見て貰いたい。

本当に凄いよ。空間系のエフェクターを駆使して
彼にしか生み出せない、飛び道具みたいな究極のサウンドを聴かせてくれる。
そのギターを聴いてしまったら、その他のギタリストなんて・・・・↓↓

自分の理想を信じて、突き進んで、
まだまだ発展途中なんだろうけれど、今出来る事を極めている。

彼以上に世界観を持っているギタリストはいない。
新曲が
MESSIAH
一位獲得。

同時発売の「TELL ME WHY YOU HIDE THE TRUTH?」の
ジャケット見ても分かるけど、彼は全てを知っていたんだね。
何がなのかを。

X japanの音楽がジャパメタになってしまってから
ずっと杉様だけを見ていた。

唯一、抱かれても良い。と思った男性でもある。

やっぱりSUGIZO
なんだ。
ずっと彼の音楽に触れていたい。

宇宙
なんだ。

d0081635_1340020.jpg

[PR]

  by livideboy | 2010-01-11 03:24 | LUNA SEA

あの日の空は悲しいほどの 青空だった

LUNA SEAで

TWICE

これはもう完璧に歌モノと考えて良いのかも。
シングル

END OF SORROWのB面
俺の中で微妙にLUNA SEAが崩壊し始めた頃の曲。

歌詞とメロディーが良すぎる。

特にBメロ。
記憶の扉鍵を開いて
君を見つめたあの日に変える そっと

黙って見てるだけで良かった
自分に嘘が付けない事も知らずに

あの日の空は悲しいほどの青空だった
届かない思いのまま 




スケール感のあるゆったりとしたバラードを聴きながら
たまには過去を振り返ってみても良いでしょ。
そんで、明日への勇気にしていくんだ。

なんてね。
[PR]

  by livideboy | 2009-03-15 20:52 | LUNA SEA

まだ見ぬ天使の君よ

今日は待ちに待ったとらドラ!の日。
でも早起きしちゃったからちょっと眠い。


今回もLUNA SEA
シングルROSIERのB面

RAIN


この

ンチャ ンチャ ンチャ ンチャ

って色んなバンドでありふれてて好きじゃないけど
この曲は好き。

まだコピーバンドだった頃、
夏休みに親戚の旅館で住み込みバイトしてたんだけど
朝と夜だけ手伝ってくれればいい。って事で
昼間はまるまる時間があったから
この曲を良く弾いていたのを思い出しました。

ギターソロがバンドスコア(楽譜)ではアドリブ。
ってなってて、あれこれ少しでも近づける様に頑張ったなぁ。


音楽はいつも思い出と一緒。
泣いた時もありました。
笑った事もありました。

その時その時の切なさは今でも心を刺すんだよ。
すべて大事で忘れたくないよ。


[PR]

  by livideboy | 2009-03-04 22:35 | LUNA SEA

思い出さえ 残せなかったから・・・

とらドラ!まで後30分。

スタンバってます。

今日は修学旅行編の始まり。いよいよ佳境でしょうか。




LUNA SEAから。

最高で最強のアルバム、MOTHERより3曲目の

FACE TO FACE


この曲の始まりが大好き。
ドラムの重々しいバスから入って、
そこから地を這うようなBASSが融合。

不協和音めいたギターが加わり空気が変わる。
そこには宇宙でも在るかのような、
宇宙に浮遊しているような感覚。
本当にたまらない。

大好き。

CDでも良いけれど、LIVEの方が圧力あって好きだな。



このアルバムにはヒット曲、
ROSIERやTRUE BLUEもあるけれど
3曲目とかにLUNA SEAの音楽性が分かると思う。
(LUNA SEAに限ったわけではないけれど)

でもそうしたヒット曲が無ければこういう曲も輝かないんだろうね。
同じくこういう曲があるからヒット曲も輝くのかな。

人も同じだね。

本当にこのころのLUNA SEAは格好良かった。

SUGI様がデビュー時のインタビューで言ってたな。
自分を他のモノに例えると?
って質問に

宇宙。って。

その頃は、何、でかい事言ってんの?なんて思ってたけど、
後に俺のギタリストスタイルの基になったし、
音楽を通じて本当に宇宙を感じるし。

凄い。
[PR]

  by livideboy | 2009-02-26 01:11 | LUNA SEA

誰も彼もが冷たい壁の中 狂いそうになる自分を抑える

いよいよ虎の子

LUNA SEAの登場。

記念すべき一発目。
中学の時、友達から借りたLUNA SEAのデビューアルバム「IMAGE」の中から
3曲目の

MECHANICAL DANCE


ギターのリフが良い。
SUGIZO様(俺の永遠の師)の
メリハリのあるカッティングが目茶苦茶カッコいい。
元々カッティングにはもの凄く定評があるけどね。

SUGI様ぁ〜
はぁ。

Bメロのバッキング、サビ、凄く聞いていて気持ちが良いし、弾いても気持ちが良い。
そして、ギターを弾きたくさせる。


この頃の俺はX意外音楽じゃね〜。って思ってて
それ以外はホントに聞かなかったんだよね。
X以外のヴィジュアル系はXの真似っこ。ってね。

でもこのアルバムを聴いて、

「!!???」ってなってさ。

代表曲、2曲目の「Dejavu」
最後の「Wish」も最高。

この曲は中途半端に引っかかっていたんだけど
なんとなく繰り返して聞いている内に凄い好きになった。

曲全体の疾走感も好き。
[PR]

  by livideboy | 2009-02-22 00:01 | LUNA SEA

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE